魚沼・南魚沼エリアで整体をお探しなら「もくらい整体院」

脊柱管狭窄症

この脊柱管狭窄症
もうどこでも良くならない
そう思っているあなたへ

脊柱管狭窄症

 

こんなお悩み
\ございませんか?/

  • 車からお店までの短い距離でも、歩くと痛みが出てきて歩けない
  • 家事など立ち仕事をしているとつらくて、すぐに座りたくなる
  • 病院で脊柱管狭窄症と言われ、何か月も薬や湿布、時には注射もするがまったく変化を感じれない
  • 医者には「悪化したら手術しましょう」と言われた
  • 慢性的な腰の痛みを常に感じている
  • このお尻から足にかけてのしびれと痛みをなんとかしたい
  • このままだと将来的に歩けなくなるのか不安だ

矢印

そのお悩み
当院にお任せ下さい!

 

 

当院を推薦

 

 

セミナー風景

 

 

なぜ?当院の施術は
こんなにも脊柱管狭窄症

改善されるのか?

 

他で良くならない理由

腰が痛い女性

なぜ脊柱管狭窄症が病院で治らなかったのか?
脊柱管狭窄症とういうのは、背骨の中を通る神経の道=脊柱管が狭くなり、神経が圧迫されることにより痛みやシビレを起こします。
改善しにくいので、一度起こると長期間悩まされてしまう人が多いです。
その脊柱管狭窄症のために、病院で検査をした・治療を受けた。それなのになぜ、あなたの狭窄症は直らなかったのでしょうか?
それは脊柱管狭窄症の本当の原因にアプローチ出来ていなかったのです。

あなたは、病院でこのような治療を受けてこなかったですか?

腰痛

  • 牽引で腰を引っ張ってもらったり、電気や温める治療
  • 痛み止めの注射や飲み薬、湿布、筋肉を柔らかくする薬
  • コルセットで固定し「とにかく安静にしててください」と指導

もし、背骨の中が狭くなっているのが原因だとしたら、

このような治療をずっと続けていて体は改善すると思いますか?

残念ながら現代医学での、手術以外での脊柱管狭窄症に対しての治療法は、以上の方法しか行われていない事が現実です。

しかし、実は狭窄症の症状を出している根本原因はこれでは改善しない事が多く見受けられます。

では、なぜこれでは改善しないのでしょうか?

 

あなたはこんな経験はないですか?

E146_cyoushinki-e1491292075976

腰や足の痛みやシビレがあり病院に行き、

まずはレントゲンやMRIをとられた経験はないですか?

さらにその結果のみで先生に診断を下されたという経験はないですか?

あなたの体の動きを診てくれたり、体の状態を実際に手で触れてしっかりと検査をして診断を下してくれましたか?

あなたがなぜそのような辛い状態になったのかの経緯を、しっかりと聞いてくれましたか?

私は必ず患者さんに症状歴、治療歴や生活習慣などを詳細にお聞きしています。なぜなら、あなたのその症状の根本的な原因は、狭窄症が起きている箇所だけが原因ではないからです。

あなたの腰の痛み・痺れの本当の原因は画像所見だけで分かるものではなくて、生活習慣などによって体の関節や筋肉(特に腰や骨盤)が正しく機能しなくなりおこっているのです。

これは画像診断に頼り切っている医師やその他の施術家には決して分からないことです。

また患者さんの症状に対する考え方も症状の悪化につながっています。
「注射を打ったら少しよくなるんですけど、時間が経つとまた元に戻ってしまいます」という話をよくお聞きしますが、痛み止めを打って痛みが楽になるのは、治っているのではなくて、痛みが一時的にマヒしているだけです。

例えば、虫歯で歯が痛い人に、麻酔を打つと痛みを感じなくなります。それは虫歯が治っているのでしょうか?
もちろん麻酔を打っているから痛くないだけなのですが、それを「虫歯が治った」と勘違いをして、虫歯の治療をしなかったら、どんどん虫歯がひどくなってしまいますよね。注射の効果が切れたころには、もっと痛みがひどくなっているかもしれません。
狭窄症での注射なども同じです。痛みがないことを「治った」と勘違いして、負担をかけてしまうと、狭窄症の状態を慢性化させてしまう可能性があります。

さらに、固定をして動かず安静にしている事によって、体の関節や筋肉は余計に固まり動けなくなります。その結果動くのが辛くなり更に動かなくなってしまいます。その悪循環を繰り返すことによりますます体の状態は悪化して治りにくくなってしまいます。

腰や骨盤の関節や筋肉が正しく機能してなく起こっている症状なのに、痛み止めの薬や注射・シップなどの症状を一時的に誤魔化す治療や安静にしていて体が治ると思いますか?

もちろん痛みが辛い時は、一時的にでも症状を緩和するという事は必要な事だと思います。

ですが、根本の状態が改善せずに誤魔化すだけや安静にするだけの治療を何ヶ月も何年も続けていて、本当にあなたの体は改善していくと思いますか?

これを機会に、あなたのお身体のためにもう一度しっかりと考えてみて下さい。

 

 

症状についての説明 

腰が痛い男性

代表的な症状は間欠性跛行です。

間欠性跛行の特徴としては、腰痛、腰まわりが重かったり、違和感、張り感があるなどに加えて、足の痺れや痛みがある。
普段はなんともないが、歩き出すと足が痺れて歩けなかったり、歩きにくくな間欠性跛行などの症状が代表的な症状です。
その症状は、太ももからふくらはぎ、足の裏などに両側に出る場合や、片側だけに出る場合があります。
足先が持ち上がらない、階段や段差でつまずく、スリッパが脱げやすかったり、履きにくいなどがあります。
さらに症状が悪化すると、歩行時に尿意を催すなどの排尿障害や便秘、会陰部に灼熱感などの症状が起こってきます。

 

足の症状だけで腰痛は全くない場合もあります。

脊柱管狭窄症の患者さんに共通する症状として、歩行を続けたり、じっと立っているとだんだん痛くなります。
かがんだり、イスに座って腰を丸めると楽になるというものがあります。
これは腰を反らした状態だと脊柱管が狭まりやすいためで、腰を丸めた状態だと脊柱管が広がりやすく楽になります。
したがって、前かがみで乗る自転車はまったく痛みの出ない方がほとんどです。
また、スーパーの買い物用のカートなどを押していると体が少し前かがみになるため、楽に歩ける方が多いです。

また座っていれば痛くないので、軽く考えて、そのうち症状が改善すると思う方もいらっしゃいますが、歩かないと、ますます筋肉が衰えて血流も悪くなり、症状は悪化しますので、注意してください。

 

間欠性跛行の2つの原因

間欠性跛行には、脊柱管狭窄症で起こる神経性の原因によるものと、血管性の原因で起こるものがあります。

血管性で起こるものの代表は、閉塞性動脈硬化症です。
これは、動脈硬化によって脚の血流が悪くなるもので、血流の障害によって脚の痺れや痛み、足がつるなどが起きるものです。
脊柱管狭窄症と閉塞性動脈硬化症の違いは、歩いていて痛みが出た時に、閉塞性動脈硬化症の場合は立ったままでも休んでいれば楽になることです。
脊柱管狭窄症は姿勢に関係しますので、腰を前かがみにして休まないと楽になりません。
また、狭窄症では自転車は長く乗っても症状は出ませんが、閉塞性動脈硬化症は自転車に長く乗ると血流が悪いので痛みやひきつりが発生します。

 

脊柱管狭窄症も3つのタイプ

脊柱管狭窄症には、大きく分けて次の3つのタイプがあります。

■神経根型
神経の一番根元(神経根)が圧迫される型。圧迫されている側の足、つまり片足だけにしびれや痛みが出ることが多い。

■馬尾型(ばびがた)
神経の束になっていて馬のシッポのように、何本にも分かれているのでここが障害されると両足にビリビリと強い痺れや麻痺の出ることが多く、馬尾型が進行すると、腸や膀胱の働きに関係する神経が圧迫され、排尿・排便障害などを伴うこともある。

■上記二つを併せた混合型
神経根と馬尾神経、両方の神経が圧迫される型。

症状としては馬尾型より重く出ることが多い。

 

 

原因

腰の痛み

一般的に言われている脊柱管狭窄症の原因とは?

背骨の中の神経の通り道である脊柱管が狭くなってしまうことです。
因みに、痛みや痺れなどを伴わなくても、この状態になっていること自体が脊柱管狭窄症と言われます。
農作業でずっと前かがみやしゃがみ仕事、事務仕事、長時間の車の運転(タクシーの運転手さんとか、トラックの運転手さんとか)、また、PCの前に座りっぱなし、といった椅子 に座りっぱなしの状態は、腰に良くないことは想像するのが簡単だと思います。それに加え、長時間のたち仕事というのも、徐々に腰には負荷が蓄積されていく のです。

もくらい整体院の考える脊柱管狭窄症の原因

あなたがもし脊柱管狭窄症と診断されて悩んでいるのならばこの事実を知ってください。
症状の無い方を無差別にMRI検査してみても狭窄症が発見されるのです。
この事実を聞いてもまだその痛みは狭窄症が原因だと思いますか?

当院では違うと考えており、適切な処置により改善していく例が数多くあります!

※当院で、すべての狭窄症が改善できるわけではありません。

  • マヒがおきていて全く動かせない状態
  • マヒにより感覚が全く無い状態
  • どんな姿勢や状態でも、常につらい症状が続いている状態
  • 排尿障害が起きている状態
  • 手術を行った直後から悪化してしまった状態

このような場合は、申し訳ありませんが当院では診れませんので専門の病院へ行く事をおススメします。

それ以外の状態の狭窄症であれば、当院で診させて頂く事が出来ますので一度ご相談してみて下さい。

 

当院の考える狭窄症の原因としては、

生活習慣などによって体の関節や筋肉(特に腰や骨盤)が正しく機能しなくなり神経や血管を圧迫している事です。

特に現代人は日常生活で歩くという事が、圧倒的に少なくなっています。それによって体の機能が正常に働かず、正しい歩行が出来ない体(骨盤)で日頃生活を送っているのです。

正常な機能を失っている体で生活を送る事によって、日々少しずつ体に負担がかかります。

その小さな負担が徐々に積み重なる事によって体の中で大きな変化につながり、体に辛さを起こすような異常がおきて狭窄症の症状を引き起こしています。

特に狭窄症の患者さんの多くは、お仕事やプライベートなどで同じ姿勢でいる事が多く、特に固まっている状態が強い方が多く見受けられます。

大切なことなので繰り返しますが、

問題を起こしている根本的な原因は、

正常な機能を失って正しい歩行をすることが出来なくなっている体(骨盤)に問題があります。

痛み止めや注射などの痛みを誤魔化す治療や、固定をして動かずにずっと安静にしているだけの治療で、根本的な原因は解決できますか?

 

 

当院での改善法

腰の施術

①まずは、しっかりとあなたのお話を聞かせてください。

それによりあなたのお身体が現在どういう状態なのかを確認します。

  • いつから・どこに・どんな時に・どれくらいの強さで痛いですか?
  • その症状によって、あなたはどんな事にお困りですか?
  • その症状によって、出来なくて我慢している事はありますか?
  • いままで、その症状に対してどんな治療を行ってきましたか?

などをしっかりとお聞きします。

 

②聞き取りから予測される、お身体の状態を検査で確認します。

  • あなたに動いてもらい動きの範囲を確認
  • 術者があなたのお身体を動かして動く範囲を確認
  • 歩きを見て、どこに異常があるかを確認
  • 姿勢を見てお身体のバランスやゆがみを確認

 

③あなたのお身体の状態の説明と治療計画について説明をします。

当院ではあなたのお身体にベストな施術の提案をさせていただきます。

 

④施術

※当院では、強圧でのマッサージや、バキバキする矯正などのお身体を壊す恐れのある施術は絶対に行いません。

なぜなら、強圧のマッサージなどの治療は、凝り固まった筋肉を刺激されてその場は気持ちいいかもしれませんが、筋肉を破壊したり、筋肉をさらに緊張させ血液循環を悪くし、症状回復の遅延、または悪化させる可能性があるからです。

まずは土台である骨盤の調整からはじめます。

油切れになってサビ付いた関節にもう一度油が出やすい状態(潤滑しやすい状態)を造っていき、動きやすい関節にしていきます。

その後、股関節や背骨の関節のアプローチ。

(背骨全体が動く際、連動した捻じれや縦の動き・横の動きがあるので正常に動きが出るようにしていきます。そのために必要なことは、背骨全体が一体となって大きく動くために土台となる骨盤の動きや傾きがとても重要となってきます。

この動きの改善のためには、ただ単に外見上のズレや歪みを見るのではなく、関節している部分のなめらかな状態を改善していきます。これを潤滑させるといいます。)

筋肉が異常緊張を出していれば、その緊張を取り除き、筋肉が正しい働きができるようにする施術も行います。

さらに、歩行や運動法も行ってもらいます。

正しい運動法を正確に行うことにより、いち早く正しい体の機能へと戻して行きます。

それによって元気で動けていたあの頃のような「正しく歩けるお身体」へと

あなたと一緒に戻していきます。

※状態によっては施術の流れを変える事もあります。

狭窄症の状態は、改善までにそれなりに施術期間がかかりますので、もう少しだけ詳しい施術計画を説明させていただきます。

①疾病形成因子除去(初期~)
②歩行機能改善(疾病形成因子の除去の目処が立ってから本格的に)
③形質修復期の促進(歩行機能が改善してきた後に行います)

脊柱管狭窄症では、こういった基本である順番を正確に踏んでいく必要があります。

①で体が動きにくくなっている状態を改善していきます。

②では、本来あなたが持ち合わせている『身体の働き』を取り戻すことにより、骨盤、背骨、各関節や筋肉がスムーズに動き始めます。

③では、②までで狭くなった部分を修復しようとする力が働く環境を作ったので、さらにその力が働きやすくなるように必要な運動や施術を行っていきます。

脊柱管狭窄症の痛みは本当に耐え難く、つらいものですが、症状が改善していく過程には、痛みだけにフォーカスしてそれを取ることが『最善』とはなりません。
人間の本来持っている自己治癒力という素晴らしい回復力を本来の働きに戻しながら、症状回復へと行かない限り再発しやすくなります。

それ故に、当院の狭窄症の改善のステップは、症状が回復していくために必要な要件をきっちり抑えたものにしてあります。

あなたのつらい症状が、本質的に落ち着くまでには、

早くて3ヶ月、平均6ヶ月と時間がかかります。
長年歩くはたらきを失ってしまっている方に関しては、歩行機能改善に時間がかかるため、1年近く掛かる場合もあります。

理由は、この症状の根本の原因が『正常に歩く機能が無くなったことによる、筋肉や関節などの組織の変性』であるからです。
簡単にいうと、使わない身体の働きに合わせて、身体が変形するということです。

そこまで症状が進行する前に手を打つべきなのです。

 

 

お試しキャンペーン

 

\1日1名様限定/

脊柱管狭窄症を根本改善!
えぐち式整体コース

 

 初回90分
(カウセンリング・検査+施術)

 2回目(施術)

セット1,980円
(通常1回 5,000円×2回=10,000円)

 

tel:025-788-0350rd-bnr3地図

 

 

なんで2回で1980円なの?

なんで?

  • 1回で効果がわかるだろうか?
  • 治療院に行くのが初めてで不安...

確かに、1回施術を受けただけで、「ここに通ってみよう」と決めるのも「任せてみよう」と決断することも難しいと思います。

そこで、当院ではお試しキャンペーンとして1,980円で施術を2回試していただこうと思いました。

これなら、あなたにあった施術かどうか、費用の負担を気にせず十分に試せると思います。

あなたがつらい時、困った時に任せられるかどうか判断していただきたいです。

 

 

あなたは当院の施術を
受けることが出来ない
かもしれません

残念

ここで、残念なお知らせがあります。
もしあなたが痛みが良くなる効果より、

  • とりあえず気持ちよく揉んでほしい
  • 一時的に痛みが引けばいい
  • 健康にお金をかけたくないから、安い所を探している
  • 最初からキャンペーンの2回のみ、受けようとしている

このようにお考えでしたら、当院の施術を受けていただくことができません。

というのは、あなたの求める施術と私たちの提供する施術がそもそも違っていた場合、せっかく来ていただいてもお金と時間の無駄になってしまうからです。

逆に、もしあなたが、ご自分の時間やお金、身体の価値を正しく理解した上で、

  • 本気でこれからの人生で、健康に気を付けたい。
  • 早くよくなって元通りの生活を送りたい。
  • 整体の知識、技術レベルが低いところは不安だ。

このように考えで賢い選択ができるのであれば、当院はあなたの探し求めていた場所です。ぜひご予約のお電話をください。

 

 

お客様の喜びの声が
信頼の証です!

 

「手術しなくて良かったです。」

1年位前から腰の痛みで歩くのが辛くなり、病院で脊柱管狭窄症と診断されしばらくは薬を飲んだり湿布をしたりしていました。しかしその後、足のシビレや冷えがひどくなり悪くなる一方でした。結果、病院では手術しかないと言われてしまい、他に何か方法はないかと思っていたら友人からこちらを紹介されました。
はじめは車からお店まで歩くのがやっとでしたが、週2回の治療を続けていくうちに少しづつですが歩けるようになってきました。先生から教わった運動とウォーキングも続けていたら3ヶ月を過ぎたあたりから30分の連続歩行が出来るようになりました。6ヶ月過ぎた今ではもうあの頃の辛い痛み・シビレ・冷えがない日々を過ごせています。
しっかりとした説明や治療計画があり安心して治療に通えています。手術しなくて良かったです。これからももっと元気に動けるようになりたいのでよろしくお願いします。

(冨田さん)

※効果には個人差があります

「家の中を歩くのもやっとだったのに。」

慢性的な腰痛があり、5年ほど前から足のシビレと冷えが出てきました。病院で脊柱管狭窄症と診断され痛み止めなどの薬を出されていましたが全然変化もなく、その後、接骨院やカイロや鍼などにも通いましたが一時的に楽になるだけで根本からは良くならなかったです。1年前に突然歩くのが辛くなり家の中を歩く事も大変な状態になり、職場の同僚の紹介でこちらに通院をはじめました。半年ほど頑張って治療に通ったら今では嘘のように歩けるようになり、足のシビレも冷えもよくなりました。

(角谷さん)

※効果には個人差があります

 

 

当院を推薦

 

 

他院とはどこが違う?

矢印

もくらい整体院の
\ 8のメリット

 

1. 初回30分以上のカウンセリング・検査で徹底的に原因を特定

カウンセリング

症状の本当の原因を見つけることが、根本改善の近道。しっかり検査することで原因を特定します。

 

 

2.  納得して理解できる!丁寧な説明

丁寧な説明

痛みがどこから来ているか、分かりやすくご説明します。専門用語なども使いませんが、分からない事はなんでも聞いて下さい。

 

 

3.  5万人が感動!院長自ら施術するオーダーメイドの整体

院長自らが施術

歴16年でのべ5万人を感動させた院長自らが施術。豊富な経験と知識・技術を駆使したオーダーメイドの整体で根本改善へと導きます。

 

 

4. ボキボキしない痛みの少ないソフトな施術

バキバキしない施術

当院の施術はバキバキ・ボキボキしない、身体に負担の少ない整体です。お子様からご年配の方まで安心して受けて頂けます。

 

 

5. 再発予防もバッチリ!充実のアフターフォロー

アフターフォロー

更なる施術効果のアップ&再発予防のため、姿勢や歩き方・食事などの生活習慣や体操・運動などのセルフケア指導に注力。プロが徹底的にアドバイス。

 

 

6.技術が評判!有名雑誌でも紹介される新潟でも指折りの整体院です

ミーナで紹介

症状改善の技術が評判で「mina(ミーナ)」に掲載されております。

 

 

7.「何となく良くなった」ではなく、結果にこだわります

結果にこだわります

結果を出さないとプロ失格です。他院のように「何となく・一時的に良くなった」ではなく、結果にこだわって施術致します。

 

 

8.完全予約制でお待たせしません

IMG_5978

お客様をお待たせする事がないよう、完全予約制を採用しております。

 

 

当院の技術を
多くのプロの治療家
\推薦しています!/

 

「誰よりもあなたのことを想ってくれる先生です!」

リセット整体院
院長
中谷 祐也

江口先生とはある勉強会に出席した際に出会いました。  江口先生は熱くこう言いました。 「私は患者さんの笑顔が見たい!痛みがとれて生活する患者さんの満面の笑顔が見たい」 なぜ良くならないのか?なぜ痛みが出ているのか?と常に最新の情報を手に入れ、体の根本的な辛さの原因を探究している先生です! いつまでも、これからもずっと患者様のことを一番に考えて行動されるでしょう! 悩まれているなら一度、江口先生に診てもらうことをオススメします!次はあなたが笑顔になる番です!

「治療家の私が推薦します」

らいら鍼灸整骨院
院長
渡壁 正明

 江口先生は”えぐち式整体法”と言われる特殊な整体をされます。 関節の中によくない力が残っている時はその力を抜くとともに関節間に潤いを再現し骨盤の枯渇した動きを滑らかにしてくれる特殊な整体です。 この骨盤の動きについて江口先生はとても詳しく知られているため施術する内容も他とは違います。 とても高い技術です。 その知識や技術があるのは先生が今まで色々学ばれて結果をだしていたにも関わらず今も土日に遠方まで出向き勉強されているからです。 江口先生はそんな向上心のある先生です。 あなたがどこに行ってもよくならない腰痛で悩まれているなら「もくらい整体院 江口渡先生」に一度相談してみてください。

「体を診るだけでなく、日常生活の改善策もしっかりと提示してくれます」

にしふなリセット整骨院
院長
宮島 信広

江口先生は見た目通りとても気さくで話しやすく、優しいので、人見知りの私としてはとても救われているんです(笑)。 アドバイスも凄く的確です。 私がどうすれば良いのかと聞くとかならず明確な答えを出してくれます。 治療技術も高いですが、それだけではなく、日常の生活習慣まで見てくれる先生は数少ないのではないでしょうか? だから、江口先生は体を診るだけでなく、日常生活の改善策もしっかりと提示してくれます。 治療家の中でも人柄も治療水準もトップクラスです。 たくさんいる治療家の中から選んで江口先生の治療を受けに来ていただくのはとてもオススメです。

 

 

お試しキャンペーン

 

\1日1名様限定/ 

脊柱管狭窄症を根本改善!
えぐち式整体コース

 

 初回90分
(カウセンリング・検査+施術)

 2回目(施術)

セット1,980円
(通常1回 5,000円×2回=10,000円)

 

tel:025-788-0350rd-bnr3地図

 

魚沼・南魚沼エリアで口コミNO.1の実績「もくらい整体院」 PAGETOP